歯科と研究 その74

こんにちは 八王子 駒津歯科 インプラントチームの東です。

「歯科と研究」第74回目は「行動実験29」です。

今回は「8方向迷路」についてです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

このテストは前回のバーンズ迷路同様、空間記憶能力を測定するものです。

放射状に伸びた8つの通路の先端に餌をおいて実験をスタートします。

8つすべての餌を食べるまでを測定し、既に餌をとった所に再び入ればエラーとしてカウントします。

この実験では認知症モデルなどにおいて記憶力の低下を判断し、その後の治療薬の効果の判定を行います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です