歯科と研究 その68

こんにちは 八王子 駒津歯科 インプラントチームの東です。

「歯科と研究」第68回目は「行動実験23」です。

今回は「強制水泳テスト」について御紹介します。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

これは、マウスのしっぽがそこにつかないくらいの深さの水槽にマウスを入れ、その時の行動を観察するテストです。

一般的にマウスは水中に浮かんでいると泳ぎ回ったり水槽の上に上がろうと抵抗します。

しかし、うつ病などの精神疾患を発症しているとまったく抵抗せず、不動状態が続きます。

この不動時間を測定し、うつ状態などの評価に用います。

抗うつ剤を投与すればこの時間も短縮し、病態が改善していると評価されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です