歯科と研究 その69

こんにちは 八王子 駒津歯科 インプラントチームの東です。

「歯科と研究」第69回目は「行動実験24」です。

今回は「モリスの水迷路」について御紹介します。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

この試験は、実験動物の空間記憶を測定するものです。

円形のプールに、一か所プラットホームを設置しておきます。

そしてマウスを自由に泳がせ、そのプラットホームにたどり着くまでの時間と移動距離を測定します。

基本的のこの実験は1週間ほど持続して行い、日に日に時間と距離が短くなることで空間記憶が正常であると判断します。

1週間やってもほとんど変化のないマウスは、空間記憶を司る海馬に異常があると判定されます。

認知症などの記憶力減退モデルで使用されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です