歯科と研究 その84

こんにちは 八王子 駒津歯科 インプラントチームの東です。

今回の「歯科と研究」は、「行動実験39」です。

今回は「ワイヤハングテスト」についてです。

これは前回御紹介したグリップストレングステストを同様に、握力・運動能力を測定するテストです。

マウスを金網にしがみつかせてから、金網をひっくり返し、その時、マウスが金網から落ちるまでの時間を計ることで評価します。

この試験では、ジャンプして下におりることを嫌がらないマウスでは、純粋に筋力を測定することができないので、その場合はグリップストレングステストやビームバランステストを併用します。

この試験は、老化促進モデルマウスなどの評価に用います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です